こちらは兵庫県立洲本高校 公式 同窓会ホームページです。

同窓会 会長挨拶

ご挨拶 同窓会長 永田 秀一

2015年10月08日

 この度、歴史と伝統に輝く洲本高校同窓会会長を拝命致しました永田秀一でございます。素より、浅学非才その器ではありませんが、先輩諸兄を始め、多くの皆様のご指導をいただき、その責務を全うしてゆく所存でございますので、今後共どうぞよろしくお願い申し上げます。
 淡路も今、少子高齢化人口減少時代を迎え大きな変革の時を迎えています。それと共に子供達の数が極端に減っているのが気がかりです。
 兵庫県では、新通学区域制度を平成27年度より導入し、16学区から5学区へ再編され、淡路は、神戸、芦屋と同じ学区になります。又、複数志願選抜制度の導入や各校の魅力、特色について発信してゆくことが強く求められています。洲本高校の魅力を更に高めてゆかねばなりません。
 昨年、11月22日に第10回洲本高校同窓会東京支部総会にお招きいただき「祖父永田秀次郎の生き方、考え方」と題して講演をさせていただきました。祖父は、洲本中学を卒業していませんが、明治35年から37年まで第3代洲本中学校長を勤めています。その時洲本中学でストライキがおこり、生徒達が誰も登校しないという異常事態となり、その仲裁役に秀次郎が呼ばれました。その時のストライキの中心となっっていたのが、後の東京大学名誉教授や法政大学長を勤めた日本を代表するマルクス経済学者の大内兵衛先生でありました。そしてこの度、私が洲本高校同窓会のお世話をさせていただくことになりましたのも不思議な縁を感じています。
 『至誠、勤勉、自治、親和』の校訓の下、洲本高校も、県下有数の歴史を誇る伝統校として、新しい歴史を刻んでゆかねばなりません。
 『企業は人なり』という言葉がありますが、『教育も人なり』といえます。これから優秀な人材を輩出してゆくためには、校長先生を始め、先生方、我々同窓会を含め関係者が一丸となって取り組んでゆかねばなりません。今後とも同窓会に対しまして格別のご支援ご協力賜りますようお願い致しまして、ご挨拶とさせていただきます。

ご挨拶 同窓会長 高津 匡雄

2014年07月08日

 洲本高校同窓会員の皆様には、つつがなくお過ごしのこととお慶び申し上げます。又、平素より同窓会に対し、ご支援とご協力を賜りまして厚くお礼申し上げます。
 さて、6月22日に総会を洲本市文化体育館で開催しました。多数のご参加を頂き有難うございました。又、洲高27期の羽原俊祐先生に「私のセメントとの関わり ~明石海峡大橋から東日本大震災まで~」の演題でご講演頂き、改めて地震の恐ろしさを思い知らされました。
 又、皆様もご存じのように、来春より、兵庫県内の公立高校の学区が現行の16から5学区に大きく変わって来ます。現在の中学3年生から入試制度が変わってくるのです。淡路島は神戸と芦屋と同じ学区になります。島内の生徒の希望高校が気になる所です。淡路交通の島内のバス路線の減少により、淡路市や南あわじ市の生徒は高速バスを利用すると明石大橋を渡っても1時間前で明石や神戸の高校に通うことが出来ます。現在もかなりの生徒が利用していますが、今後、ますます島外の高校に行くことが考えられます。
 今年が従来の学区の最後の年で、入試出願状況が気になる所でしたが、洲本高校を希望する生徒が他校より一番多かったようでひとまず安心しました。洲本高校は初の試みとして、島内の他の4校と合同で5月24日に神戸市で説明会を開き、豊かな自然に囲まれた学習環境や神戸・阪神間からの通学方法などを紹介しました。又、6月には島内の吉備国際大学南あわじ志知キャンパスと淡路市ふるさとセンターの2か所で島内5校と合同説明会を開きました。洲本高校も色々と考えておりますが、洲本高校にやる気のある生徒が集まるように同窓会としても出来るだけのことはしたいと思っています。又、東京支部の皆様には洲本高校の未来探究東京ツアーでは大変お世話になっており、生徒達も感謝しております。
 5月9日の洲本高校の創立記念式に講師として、清川あさみさんと藤堂裕さんのお2人をお招きしてお話を伺いました。清川あさみさんはアートディレクションから造形作品の制作まで幅広く活躍され、写真に刺繍を施すなどで注目されています。又、藤堂裕さんは「由良COLORS」やテレビドラマ化された「S-最後の警官」の漫画を描いています。東京で活躍されているお2人のご講演に生徒達は大いに興奮し、為になったと思います。
 最後に、同窓生皆様のご協力、ご支援をお願いしますとともに、皆様方のますますのご発展をご祈念申し上げます。

1